第32話 ビジネスホテルへの派遣

こんにちは

いまりです

今回は、初めてのビジネスホテルでの接客のお話し

デリバリーヘルスは、大概ラブホテルへ派遣される

たまに自宅やビジネスホテル

ビジネスホテルへ呼ばれる時は、だいたい夜中なんだよね

出張の人が多いからさ

この日は地元ではちょっと有名な高級ビジネスホテルへ呼ばれた

ビジネスホテルでのデリヘルは、ホテル側からしたらあまりよろしくないみたいで(そりゃそうか)、デリヘルだとバレるとホテルマンに帰される危険があるので注意しなきゃいけない

だから私もヒヤヒヤしながらお部屋へ向かった

中にいたのはとっても上品そうな初老のおじさま

どうやらお医者様らしい

私はオプションにあった即尺をしてプレイに入った

流石にラブホじゃないからお風呂は狭くて、別々にシャワーを浴びれたから少し気が楽だった

荷物をそのままにして一人でシャワーを浴びるのはちょっと心配ではあったけど、実際に何かされたことは一度もない

シャワーの後、男性の希望でアナルも丁寧に舐めた

攻めるのは別に良いけど…(好きだし)

この日は6本目でかなりお疲れ気味

っていうか、お客さんたちに弄られすぎてあそこがもう痛くて限界だった

舐められるのさえも嫌で

でもそれを悟られちゃいけない

どうしよう…

って時に閃いたの

この日私が着てたのはウエスト部分を紐で縛ったワンピース

「私、意外にSなんですよね。手を挙げてもらえますか?」

と言って、頭の上で腕を縛って拘束した

とっても紳士的なこの男性も

「こんな経験初めてだよ。凄く興奮する」

って悦んでくれた

この時から、いじられたくない時はこうやって縛ってしまうことにした

本当は、縛るより縛られたい願望がある私はM気質も持ってるんだろうな。

いつも応援ありがとうございます。


恋愛テクニックランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です